UGBの悪あがき@舞ログ



熱烈!歓迎!わんだーらんど

ガンバっちゃったガンバったワレワレトンナンシャーペーわーいわーい



ご無沙汰、UGBです。

札幌生活、本当孤独です。
なんかもー精神的に参ってきてます。
動くに動けない、生殺しの状態ってこのことを言うんですね。
スロットでなんとか収支プラス安定でやってこれているものの、精神的にもう限界。

あぁ、俺は一体何がしたいんでしょう。

閑話休題。

最近、rainbow☆flyerの一部ではハンゲの麻雀が流行しています。
なにやら、明日(日付変わって今日)からシールと麻雀ゲームのコラボイベントも始まるらしいので、
それに先駆けて・・・るわけじゃないんですけどね。
みんなでワイワイノーレートでやる麻雀ってのも、面白いもんですわ。





麻雀って、人によって打ち方が違うんですよね。

例えば、「今後のツモでこういう牌が来る可能性が高い」という効率を重視した打ち方。
”牌効率”って言うんですけどね。
「この手牌でコレを捨てた場合、手が進む牌(有効牌)は何種類何牌あって・・・。」とか、
そういった計算を頭の中で瞬時に行う打ち方。
相当オツムがよくないと出来ないと思われがちですが、友人曰く、「慣れ」だそうです。

例えば、「今のツモの流れは同じ牌をツモってくるような流れ」という、流れに任せた打ち方。
完全オカルトかと思いきや実はそうでもない。
麻雀はやっぱり運の要素も大事。
次にどんな牌をツモるか、それを感覚に任せるという打ち方も、そうそう悪くはないと思います。
「流れは存在する」
「そんな非科学なwwww」
「流れを語るほど、お宅は麻雀に精通しているのかい?」なんて、よく論じられますが。
ぶっちゃけ、”うみねこの○く頃に”風に言えば、
「流れなんてないと証明できない、だから流れはあるかもしれない」でFAでしょ。

で、だ。
麻雀のこういうことが語りたいワケじゃないんです。

一緒に打ってる友達の皆様。
あくまで、片山まさゆき氏(著作:スーパーヅガンなど)の影響を強く受けている僕の打ち方ですが、
もしよければ覚えていていただくといいかも。

※以下の数字は次の意味があります。
 一・二・三~→マンズ
 1・2・3~→ソーズ
 ①・②・③~→ピンズ


【1、9牌がほぼいらなくなるパターンについて】
 最初の牌が配られて、ここからどんな展開にしていくか。
 大抵の場合、いらない牌を捨てていくのが皆さんすることだと思います。
 字牌から切っていく人がかなり多いと思うのですけど、僕は「1、9牌がいらないパターン」にあった時、
 字牌を最初に切らないことが結構あります。
 これは一番最初の一手だけでなく、色々な局面で使えるテクニック?だと思います。

 つまり、どんなパターンかといいますと、
 【4の牌があって、同じ種類の1の牌がある】
 もしくは、
 【6の牌があって、同じ種類の9の牌がある】
 というパターン。例を見て欲しいっす。

例1-1) [一 四 七 八 九 2 3 4 6 8 9 東 白]

 最初の手でこんなパターンが来たとします。
 この手の場合、結構早い手かなーと思って、まず白を切るのも定石でしょう。
 ただ、よく見てください。
 マンズの[一 四]がありますね。
 この場合、[二]を引っ張ってくるとこの形
 
 [一 二 四]

 このパターンの場合、さらに引いてきて3個ワンセットになる形は、

 [一 二 (三)] か、 [二 (三) 四]の形。

 つまり、1か4のどちらかがいらなくなるワケですよ。
 待ち牌は三のマンズで共通。二を引いてきた場合、
 1を持っておこうか、4を持っておこうか待ち牌は同じ能力じゃね?と思いがちです。

 しかし、実はそれは違うのです。
 [一]にくっついて嬉しいのは、[二]か[三]の2種類
 [四]にくっついて嬉しいのは、[二]、[三]、[五]、[六]の4種類
 こうやって考えると、一にくっついて嬉しいのと四にくっついて嬉しいのは二と三が共通で、
 四の方が五、六がある分有利ってことなんです。

 要するに何が言いたいかって言うと、

 [一 四]がある場合、次に何を引いても嬉しいのは[四]である。
 だから、[一]はいらない子

 ってことなんです。
 ま、場面によっては一を取っておいても有利なパターンはいくらでもありますけどね。

 同じ理由で、[6 があるとき 9]はいらない、も説明できます。
 例1-1のパターン、今度は真ん中あたりのこの形を見てください。

 [6 8 9]

 この形。
 3個ワンセットになる形として考えられるのは、次の形

 [6 (7) 8] か [(7) 8 9] の2種類。

 どちらも(7)待ちですね。
 しかし、7 を引けずに、5 を引いてきた場合どうなるか・・・

 [(5) 6 8 9]

 この場合、(5) 6 を使ってワンセットになる形が、[4]と[7]の2種類になるのですよ。
 (この2種類のどちらかが来たらワンセットになるような待ちを ”リャンメン待ち” といいます。)
 ここで、3個上の形に戻ります。

 [6 8 9]

 ここから、7を引いても、5を引いても、ついでに4を引いても対処できる形というのは、ズバリ、

 [9]を手放すこと。

 な、ワケなんです。
 このように、できるだけ多くの種類の牌を生かそうと工夫していくと、
 ツモに頼らなくても、ある程度は早めに手を進め易くなるという寸法なのです。

 ちなみに、例1-1のパターンからだと、僕はこう切り出します。

  ↑
 [一 四 七 八 九 6 8 9 ② ③ ④ 東 白 (+何か)]

 一萬から切り出していけば、三萬、五萬でリャンメン待ち、二萬、六萬でカンチャン待ちに対応できる。

 ね、1、9牌の切り出し方にも、こんな思考があるんですよ。
 他にも、色々と「こうちゃってOKなパターン」ってのは結構数多く存在するんですよ。
 今回はこんなところで。


まぁ、僕自身、リャンメン待ちとタンヤオ手が大好きなだけなんですけどね。

皆様、よいシール&麻雀ライフを!

ノシシ
[PR]
by nickugb | 2009-07-28 02:15 | ギャンブル生活
<< オーバーマスター 凛として咲く花の如く >>


俺が俺であるための・・・
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
商標
このページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。

(c) 2003-2004 GRIGON Entertainment. Co., Ltd.
(c) 2003-2004 YNK JAPAN Inc.
(c) 2003-2004 KESPI Co., Ltd.
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧